スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
Fate/stay night ORIGINAL SOUND TRACK
一介の同人サークルだったType-Moonを一躍大企業に伸し上げた作品、

伝奇活劇ビジュアルノベル Fate/stay night

そのサウンド・トラック


1.THIS ILLUSION [Fate ver.]
2.into the night
3.日差しの中で
4.穏やかな毎日
5.優しい風景
6.茜色の街
7.笑顔に囲まれて
8.二人の時間
9.真夜中の狭間
10.運命の渦
11.激突する魂
12.悪夢
13.突破口
14.THIS ILLUSION [Instrumental]
15.彷徨う影
16.約束された勝利の剣
17.消えない想い
18.疾風の騎士
19.追憶の彼方
20.破滅の足音
21.黄金の王
22.エミヤ
23.光と闇
24.この世全ての悪
25.THIS ILLUSION [Piano version]
26.新たな夜明け
27.移りゆく季節
28.days [Fate ver.]


オープニング・テーマ曲の"THIS ILLUSION [fate ver.]を含め序盤はなんとも地味な印象の曲が多い。

確かにこういったビジュアルノベルの音楽はシーンごとに合わせて作られているから、特に『気持ちの機微』や『なんらかの激動』がない日常の穏やかなシーンにはこういった地味な音楽は必要だと思います。

しかし、このFate/staynightの音楽はメロディというよりもリズム重視な赴きが強い。

Type-Moonの音楽は基本的に印象に残るようなメロディが少ないんです。

これはおそらく音楽製作陣が作曲家というよりアレンジャーであるからだと思います。

それ故にリズムトラックの作りこみ方と雰囲気作りは多彩で出色なのだけど、良い曲には聴こえづらい印象です。


そんな中で僕が唸った音楽は、

『激突する魂』

という曲。

このトラックは戦闘シーンに多様されていますが、

基本のリフをベースに、それをサンプリング・イコライジングして
そのリフだけで、音楽を成り立たせている手腕は凄い。

曲として良いかな、と思えたのは

『約束された勝利の剣』

『エミヤ』


リズムトラックとして良いかな、と思えたのは、

『黄金の王』


正直、サウンドトラックとしての印象は、

悪くはない。

という感じ。


ゲームとの相性もあるのでしょうけど、僕的にはもっとメロディに出色があるものが好きなので、

総評:★★★

それでも、『新たな夜明け』を聴くと、

『(ゲーム)長かったなぁ~~・・・・・』

という感慨を持ちます。

スポンサーサイト
【2007/06/04 02:28 】 | Fate/stay night | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<Fate/hollow ataraxia song review | ホーム | Fate/stay night GAME REVIEW Vol.4>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。