FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
TVアニメ 『らき☆すた』 オープニング・テーマ もってけ!セーラーふく
初めて聴いた時は衝撃を受けました。

日本ハジマタ\(^o^)/と思いました。


1.もってけ!セーラーふく 作詞:畑亜貴/作曲・編曲:神前暁
2.かえして!ニーソックス 作詞:畑亜貴/作曲・編曲:nishi-ken
3.もってけ!セーラーふく (off vocal)
4.かえして!ニーソックス (off vocal)


1曲目の『もってけ!セーラーふく』ミクスチャー・ポップとでも形容すべき音楽かもしれません。


出だしからハイテンションで何をしゃべっているのか分からない、駆け足な歌!

驚く程格好良いバキバキしたスラップ・ベース!

練りこまれた打ち込み音!

それらが怒涛のごとく攻め立てた後、開放されたように響く、耳に馴染むサビ!


ジェットコースターのような急激な展開が最後まで緩むことなく続く。

こんな音楽、昨今のJ-POPで聴いたことがないですね。


オリコンチャートでは惜しくも2位でしたが、アニメ音楽の枠(レッテル)を超え、新しい音楽の黎明を感じました。


2曲目『かえして!ニーソックス』は歌詞が問題作

1曲目の『もってけ!セーラーふく』は散文的というより、作詞家の頭にあるアニメキャラクターのイメージと萌え要素に特化したボキャブラリーで構成され、総括的に統一した主張や意味がない歌詞。

しかし、サビ中に"←結論"という言葉を配置し、意味のない言葉に結論付けることで、意味を持たせる。

ただの電波ソングが引き締まった歌に聴こえてくるから不思議。


ところが、2曲目の『かえして!ニーソックス』にはストーリー性があります。

論調的にはまったくあっけらかんとした暢気なものですが、この歌詞は非常に奥深いです。


-ここから妄想入りまーす-


まず、このニーソックスを失くした者をとある女学生と仮定しよう。

女学生が体育の授業から戻ってきたら自分のニーソックスがないというのだ。

『誰かはいちゃったんだ』と思うものの、昨今の女学生でニーソックスを履いているような者はそうそういないと思われる。

しかも一般的なニーソックスならまだしも、


『二次元ニーソックス』である。


こんなものを持っている女学生はおそらく特殊な趣味を持った者しかいないと考えられる。


そう、腐女子である。

mmr1.jpg


腐女子はとかく周りから浮いた存在になる可能性が高い。

特異な者というのは多数の集団からは奇異に見え、いじめに発展しがちだ。


この女学生のニーソックスは他者に盗まれてしまったのではないか・・・?


これはまさか・・・・・・

いじめ?


そして、ニーソックスが無くなってしまったことに落胆する腐女子。

しかし、腐女子にも味方がいたのだ。

(曲中時折入ってくる合いの手は同胞を意味している)


そして、腐女子は決起する!


『やっぱりニーソックスかえしてよね!』


これは・・・・

これこそ腐女子たちの革命クーデターである!!

mmr2.jpg


フランス7月革命の絵にある女神を彷彿させ、キューバ革命指導者チェ・ゲバラを賛歌したレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの音楽と類義的な音楽と言えよう!

この歌は、排他されがちな腐女子たちの存在証明を提示する、プロパガンダなのである!


・・・・・・・・・

・・・と、熱い論調で記述したものの、結局音楽で重要なのは、音を楽しめるかどうかだと思うんですよ。

この2曲は、ほんとうに音楽しています。


総評:★★★★☆


2007年、最高峰のマスターピースだと思います。


僕たちは2次元音楽の黎明期に立っているかもしれません。

もしかしたら、2次元音楽がメインストリームになる時が来るかもしれませんよ・・・?



スポンサーサイト
【2007/06/15 06:30 】 | らき☆すた | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<リトル・バスターズ! マキシ・シングル | ホーム | Fate/stay night [Realta Nua] ORIGINAL SOUND TRACK>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。