スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
TVアニメ『CLANNAD』 OP/EDテーマ


長らくお休みしちゃってすみません。




もう京都アニメーションのやることなすことにボッコボコな昨今、

TVアニメ『CLANNAD』のオープニング、エンディングテーマの

『メグメル/だんご大家族』が聴けましたのでレビューさせていただきます。


1.メグメル ~Cuckool mix 2007~ 作詞:riya/作曲:eufonius/編曲:菊池創
2.だんご大家族 作詞・作曲:麻枝准/編曲:たくまる
3. メグメル ~cuckool mix 2007~ - TV animation Ver. -
4. だんご大家族 - TV animation Ver. -
5. メグメル ~cuckool mix 2007~
   - off vocal ver. -
6. だんご大家族 - off vocal ver. -
7. 少女の幻想 ZTS Remix


1曲目の『メグメル~Cuckool mix 2007~』は、原曲に比べより一層の緊張感と悲壮感が増されましたね。

アニメのオープニング用という仕様感もあるので、『これはこれで。』という印象です。

ハモンドオルガンの音や、オーケストレーションで区切るサビの終わり方はドラマチックで良いなぁと思ったのですが、エコーがかかるのはちょっと微妙かな、と。

2番の『真っ直ぐな心の先に 繋がる時間が あるから~あるから~

というところが特にそう感じてしまう。

もっと練ってほしい部分ではありました。


2曲目の『だんご大家族』は、なんというか・・・、

原曲メロディーの作用ありきのものだとは思いますが、とても感動的な楽曲だと思います。

この適齢層を大幅に落とした歌詞に、麻枝准さんの力量が窺えます。

この歌詞で、CLANNADは完成したのかな、と思わせる。

リフレインの部分に、胸を締め付けるような独唱。

広義的に、誰に向けて作られていた作品だったのか。


もっと早い時期に、このゲームをやっておきたかった。


驚いたのは7曲目の『少女の幻想 ZTS Remix』

『ソララド』というイメージアルバムの1曲目をアレンジしたものですが、びっくりするほど力の入ったアレンジ。

4つ打ちのシンセサイザーバリバリな楽曲は、2次元リミックス系でよく耳にしますが、歌い手のriyaさんの声が良い感じで鬱にさせる。

声だけ聴くと、リリィ・シュシュを彷彿させる。

こういった雰囲気は好きなので、10分超えという長尺な楽曲にも関わらず、苦もなく聴けました。


総評:★★★★


1260円とマキシシングルとしてはちょっと高めな値段ですが、良い楽曲が詰められていると思います。


アニメが2期になったらオープニング変わらないかなぁ・・・?

そして、『小さな手のひら』がどこでどう流れるか・・・。


この演出の出来次第で僕の涙腺に神経が通うことでしょう。







スポンサーサイト
【2007/11/13 05:00 】 | CLANNAD | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2007年を締めくくるにあたり。 | ホーム | リトル・バスターズ! ORIGINAL SOUNDTRACK>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。