スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
スタジオジブリ 崖の上のポニョ
ぽーにょぽにょぽにょ

ぽぽーぽぽ


『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』など、初期のスタジオジブリ作品をけなす人はまずいない気がする。

しかし、近作のスタジオジブリ作品は賛否両論、むしろ否を唱える人が増えているような気がする。

かくいう僕は、熱心なジブリファンではなく、むしろ疎い方。

でも近作は上映されると観てしまっている。しかも映画館で。

そしてやはりこう評価してしまう。

『昔の方が良かったな』、と。


さて、『崖の上のポニョ』の批評を。


全編見終えて思ったのは、


・・・なんなん?


ということ。


ポニョかわいいよポニョ

とか、

宗介えらいよ宗介

とかニヤニヤして、

ふぅ・・・

と果ててしまえば、


なんで世界綻んでしまうん?


と心の中で節子が出てきた。


天才宮崎駿の凶暴なまでの情熱はもののけで燃え尽きたんじゃないの?

ってくらいスペクタクルで映像美な手描きアニメーションは、凄いと思うけれど、


なんでリサ(宗介の母)はあんなに常軌を逸しているん?


とか、


『ひまわりの家』の人らはなんで元気になったん?


とか、様々な部分にクエスチョンが浮かんで、映像美なんてどうでもよくなってくる。


それくらい話が破綻していると思う。


今回、宮崎駿さんは『子どもたちのために作った』という。

確かに、手描きで作られた絵のタッチは柔らかで、温かみのある作品だと思う。


でもどうでしょうよ!?


今の子どもたちはきっと、

『いけー!ピカ○ュウ!!』

とかいう類の、閃光が激しく刺激的な絵の方がやっぱりお好きなはず。

ポニョや宗介が織り成す、子どもらしい表情、仕草、言葉の表現は子どもたちよりむしろ大人向き。

ストーリーを追ってしまう大人にしてみれば、絵の良さは理解できても、ストーリーが直感的だと凡作に思えてしまう。

だいたい、子どもたちに向けて子どもの表現をしても、いつもの行動を見せられているようで嫌だと思うし。


表向きには、ピュアってやつだったんですかね?

今回の『崖の上のポニョ』で表現したかったことは。

もっと奥深いのかもしれないし、全然違うのかもしれない。

見終わった後の談笑は盛り上がれること必至だけど、本当のところを知ろうとまで思い至れない。


『あの時のあの表現は、高齢社会に向けてのアンチテーゼだったのですね!?』

と問うても、

『ああ・・・、うん・・・まぁ。』

とか言うだけですよ!きっと!


と思った。うん、絶望した。


総評:★★☆


勝たなきゃダメなんだ・・・・・・・・!
スタジオジブリの宮崎駿。彼が今脚光を浴び、誰もが賞賛を惜しまないのは、言うまでもなく、ただ、彼が勝ったからなのだ・・・・・・・・!
勘違いするな。よく描いたからじゃない。彼は勝った。ゆえに今その全て人格まで肯定されている。もし彼がナウシカを作らなかったらどうか・・・・・・・?負け続けの人生だったらどうか・・・・・・・・?これは言うまでもない。
おそらく、宮崎はヘビースモーカーの根暗。誰も相手にさえしない。



どこからともなく、天啓が・・・?


勝つのは知略走り、他人出し抜ける者・・・・・・・!


そう教えてくれる、『崖の上のポニョ』。

ポニョは崖の上から見下ろしていますよ?

僕はむしろ崖っぷちですか。そうですか。




次回は、スタジオジブリ総本山の旅行記です。


スポンサーサイト
【2008/08/11 03:00 】 | スタジオジブリ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<三鷹の森 ジブリ美術館 | ホーム | TVアニメ 『CLANNAD』 DVD 8巻 もうひとつの世界 智代編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。